コンテンツへスキップ

日付2017年11月07日火曜日
天候 晴れのち朝ちょい雨
点呼07日15時00分
出庫07日15時40分
帰庫08日10時10分
洗車08日10時20分~10時50分
終業08日10時55分納金作業開始
終了08日11時05分全作業完了
実拘束時間20時間05分
営業時間18.5時間
ハンドル時間15.5時間(営業時間-休憩3時間)
売上79,380円(税込)
実車率57.41%
キロ当たり収入239.88円
全走行距離305.2km
全除外走行なし
全走行-除外=305.2km
営業距離175.9km
営業回数32回
平均客単価2,480円
実車高速回数2回
空車高速回数0回(自己負担0円)
平均時間単価4,290円(売上÷営業時間)
実働時間単価5,121円(売上÷ハンドル時間)
月間累計売上778,390円(10/19~計9出番)
月間売上平均86,487円(月間累計売上÷出番数)
LPガス充填44.39リッター
燃費6.87(走行距離÷充填リッター)
急発進・急加速回数 実車17回 空車15回 合計32回
急減速回数
実車1回 空車6回 合計7回
安全評価(100点満点中)A~E
実車73点(A) 空車86点(A) 総合評価79点(A)
※評価項目名
・最高速度(一般道路)
・最高速度(高速道路)
・急発進急加速
・急減速
・速度オーバー回数
・速度オーバー時間
高速利用明細
実車 03:59 ①霞ヶ関内入口~用賀出口 590円
実車 05:29 ②渋谷入口~空港西出口 690円
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
本日はギリギリまで粘ってしまいました。
というよりは、なかなか営業所方向に行けず。
通勤客の行き先が都心に行かず、横移動が多かったので。
結果的にそれが功を奏しました。
一発で中に行ってしまうとホテル付けになってしまうので、時間を食いますからね。
売り上げは、何とか8万寸止め。
実は本日の私、早朝4時頃までに45しか持っていないという出来なさっぷり、、、
そこから約5時間半で、79まで持って行きました。
早朝4時頃からの時間単価が約6000円という、怒涛の追い上げ。
前半は実車率も客単価も高くなく。
営業時間の中盤に差し掛かり、高単価のお客さんがご乗車になっても下道の仕事。
青タン中の八重洲では、他のタクシーにお客さんを譲ってしまい失速。
消極的営業。
銀座でもすぐにお乗せできそうなのは、ホステスさん。
サラリーマンもいましたが、ホステスさんに乗られも具合が悪いのでハンドルを切らず。
ここでも消極的営業。
真っ直ぐ、タクシー乗り場へ並びに行ってしまいました。
結局、乗り場でも自分の順番になったらキャバ嬢が来てしまう。。。
乗禁明け銀座1発目はサラリーマン3人をお乗せましたが、飯田橋、新井薬師経由の鷺ノ宮。
もちろん下道。
再び銀座に戻った頃には、既に深夜2時半。
↓西五番通りに入って、お乗せしたのはホステスさんでした。

動画の左にいるホステスさんにご乗車頂きましたが、機嫌悪かったです。
コース確認すると、「道わからないの!?」とキレ気味でした。
生理前だったのでしょうか。
は~。
気を取り直しながら銀座に戻っている途中、桜田通り(慶応義塾大学前)反対車線に2組ほどお客さんが立たれていらっしゃいました。
ただUターンしてまで拾うようなお客さんに見えなかったので、無理して拾いません。
飽くまで、お乗せたい方向でお乗せたいポイントで。
ここから流れが変わりました。
すると、なんと第一京浜新橋でサラリーマンのお客さんが手を挙げているではありませんか。
お乗せすると、川崎の登戸。
やっぱり桜田通りで、Uターンしないで正解でした。
しかもこれでやっと高速仕事です。
登戸の帰りは、246で渋谷へ。
渋谷へ入るとちょうど朝5時に無線が鳴り、キャッチして某ホテルまでお迎えに行くと羽田空港国際線行きの外国人のお客さん。
ラッキーです。
そこから通勤客のお客さんが横移動でつながっていき、最終的には神楽坂から晴海まで持って行かれて営業終了です。
一時はどうなるかと思いました。
自腹高速無しで、79は8万と同じ。
ようなもん。
かな?
うん、そうでしょう。
いや、そう思いましょう。